放送技術2023年6月号 「3.11 東日本大震災から東京タワーアンテナ支柱を守った物語」が掲載されました

 
放送技術2023年6月号に、3.11 東日本大震災から東京タワーアンテナ支柱を守った物語についての記事が掲載されました。
                  

 2023年4月1日、ミハル通信株式会社は、古河C&B株式会社(以下、FCB)より全事業を譲受いたしました。
 FCBは、東京タワーやスカイツリーをはじめ、全国のデジタルテレビ放送とFM放送の送信アンテナや、無線通信用のパラボラアンテナ、導波管など、電波を扱う情報伝送インフラに用いられる製品群を半世紀以上に亘り提供してきたメーカーです。
 今回、ミハル通信はこのFCB事業継承の証として、 FCB横浜測定所にあった「東京タワーアンテナモニュメント」を鎌倉本社の敷地内に移設しました。

  • 掲載媒体:放送技術6月号
  • 発刊日 :2023年5月29日
  • 掲載記事:東京タワーアンテナモニュメント
         ~3.11東日本大震災から東京タワーアンテナ支柱を守った物語~

詳細へ

※記事掲載については掲載誌より許諾を得ております

      
    前の記事 COMNEXT 第1回[次世代]通信技術&ソリューション展 出展のご案内
    次の記事 北海道出張所 開設のご案内