2022年12月14日付 電波新聞 「極超低遅延音声伝送システム」初披露

 
2022年12月14日付 電波新聞に、Inter BEE 2022での取材記事が掲載されました。
                  

 ミハル通信は、映像と音声の低遅延への取り組みを見せた。

 ブースでは、これまで注力してきた世界最高水準の極超低遅延8K映像伝送システム「ELL8K」のデモを行い、さらなる進化を見せた。ブース内では、8Kカメラで撮影した鉄道ジオラマ映像の伝送前後を8Kテレビに映し出し、低遅延・高画質での伝送が可能なことをアピール。

 同社は、システム全体での低遅延化を実現するために、同8Kシステム以外の8Kカメラやテレビも遅延が少ないものを厳選したという。 

  • 掲載媒体:電波新聞
  • 掲載日 :2022年12月14日
  • 掲載記事:ミハル通信「極超低遅延音声伝送システム」初披露

詳細へ
※電波新聞デジタル版PDF

  
前の記事 Inter BEE 2022での「極超低遅延音声伝送システム」の様子がAV Watchに掲載されました
次の記事 年末年始休業のお知らせ