「商用5Gで低遅延8K映像伝送」実用化へ 世界最高水準の低遅延を達成

 
「商用5Gで低遅延8K映像伝送」実用化へ 世界最高水準の低遅延を達成(月刊ニューメディア2021年9月号掲載)
                  

ミハル通信と京セラは7月5日、8K 映像を商用 5G サービスで送信、インターネットを経由させて商用 5G で受信し 8K テレビに表示させるという伝送実験を京セラ横浜事業所で実施し、全体の遅延時間を合計 250ms 以下に抑えることに成功した。ミハル通信の 8K 極超低遅延映像圧縮伝送システム「ELL8K」と、京セラの 5G 対応デバイス「K5G-C-100A」の組み合わせで実現したもので、「5Gを用いた映像の低遅延伝送において世界最高水準の成果」(ミハル通信)。今回の実験結果は、商用 5G やインターネットを利用した 8K 映像の低遅延伝送に道を開いた。両社は今後、放送・映像業界の映像素材伝送や工場、自動運転、鉄道、医療など幅広い分野に、8K 映像低遅延 5G 伝送ソリューションを提供していく方針だ。

詳細へ

  
前の記事 8K HEVC エンコーダー「ELL8K」商用5Gで世界最高水準の低遅延8K映像伝送に成功
次の記事 新型コロナウイルス感染症予防対応ご協力のお願い