電波タイムズ1月29日付「中村社長に聞く 超低遅延8K HEVCエンコーダーを製品化」

 
ミハル通信中村俊一社長に聞く「超低遅延8K HEVCエンコーダーを製品化。 SI、保守管理事業を新事業の柱に」(2021年1月29日付電波タイムズ掲載)
                  

「電波タイムズ」は新春を迎えて、ミハル通信株式会社の中村俊一代表取締役社長に今年の抱負などを聞いた。中村社長は「立ち上げたSI部隊と強化しているリモート保守管理を組み合わせて新しい事業の柱に育成する。フェイストゥーフェイスでなかなか対応できない今、リモートにおいてもお客様により細かいサービスを提供できるよう、さらに"客先に寄り添った事業"を行うように努めていく」と述べた。
詳細へ(PDF)

  
前の記事 新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言への対応
次の記事 月刊ニューメディア2021年3月号「8K映像"極超低遅延"伝送システムが好調 新市場開拓とケーブルテレビへの応用に期待」