出展・開催予定

2019年2月15日(金)
「ケーブルテレビテクノフェア in Kansai 2019」に出展致しました。

ケーブル技術ショー 2018
展示会概要
会期:
2019年2月15日(金)10:00~17:00
会場:
OMMビル(大阪マーチャンダイズ・マート)2F Aホール
入場料:
無料
公式サイト:
http://www.techno-fair.com/2019/
セミナー
テーマ:
新4K8K衛星放送導入に向けた効率的なシステム構築
日時:
2019年2月15日(金)16:00~16:40
会場:
OMMビル(大阪マーチャンダイズ・マート)2F F2ホール
定員:
45名
申込方法:
公式サイトよりお申し込み下さい。
http://www.techno-fair.com/2019/

主な展示製品

  • 高度BSトランスモジュレーションシステム

    新4K8K衛星放送に対応可能な新型サブラックMGSRシリーズをご紹介します。

    高度BSトランスモジュレーションシステム
  • 3.2GHz対応機器

    次世代FTTHネットワークを実現する3.2GHz対応機器をご紹介します。

    3.2GHz対応機器
  • 高度BS対応CATV監視装置

    高度BSに対応するCATV監視装置です。ヘッドエンドの最終出力を客観的に監視することで、監視の信頼性が向上しています。1台でQAM・OFDM・FM・FSKなどCATVで使用されるほとんどの信号を監視可能です。

    高度BS対応CATV監視装置
  • マルチポート型光ファイバー増幅器

    当社製品として第三世代となるマルチポート型光ファイバー増幅器です。4ポート以上の光出力にMPOコネクターを採用(業界初)。ユニットの小型化により、業界トップクラスの実装効率を実現しています。前面の光出力アダプターにはシャッター付を採用しており、安全性に優れています。

    マルチポート型光ファイバー増幅器
  • RFアナライザー

    国内全ての放送信号の測定を可能にする、RFアナライザーです。現行のBS・CS放送に比べ難しくなる新4K8K衛星放送設備工事を強力にサポートします。専用ケースも付属します。

    RFアナライザー
  • ISDB-S3変調器

    高度広帯域衛星デジタル放送方式(ISDB-S3)に対応した信号を出力する変調器です。TLV-MMT信号をISDB-S3方式で符号化/変調し、BS/CS-IFの任意チャンネルに出力可能です。4k・8K放送関連のテスト信号源、TLV-MMTコンテンツの検証用に使用が可能です。

    ISDB-S3変調器
  1. ▲このページの上部へ