出展・開催予定

2017年11月15日(水)~17日(金)
「Inter BEE 2017」に出展致しました。

Inter BEE 2017

展示会概要
会期:
2017年11月15日(水)~17日(金)
会場:
幕張メッセ/映像製作放送関連機材部門 ホール5/小間番号5304
入場料:
無料(全来場者登録入場制)
公式サイト:
http://www.inter-bee.com
主催:
JEITA 一般社団法人 電子情報技術産業協会
ブースマップ

ブースマップ

主な展示製品

  • 高度BS対応RFチェッカー

    参考出品

    2018年12月から開始される4K・8K実用放送にむけ、放送設備の改修現場、アンテナ設置工事など様々な現場で4K・8Kに対応したRFチェッカーが必須になります。当社はコンパクトサイズで且つ、タッチパネルを一体化したチェッカーを参考出品します。

    Point

    RFレベル・BER/MERを測定 ISDB-T/ISDB-S/ISDB-S3など各種変調方式に対応 コンスタレーション表示 遅延プロファイル表示

    4K・8K 高度BS対応RFチェッカー
  • 高度BS対応ISDB-S3変調器

    参考出品

    4K・8K対応テレビの製造ラインでの検査、評価用に最適な信号発生器を参考出品します。一体型でコストパフォーマンスに優れており、また小型なので設置場所も選びません。

    Point

    1GHz~3.2GHzの任意周波数をRF出力 PCよりTLV/MMTファイルを設定 TLV入力リアルタイム変調可能

    4K・8K 高度BS対応ISDB-S3変調器
  • HEVCエンコーダー

    参考出品

    4Kと8KのH.265/HEVCリアルタイムエンコーダーをそれぞれ開発中です。4Kエンコーダーを参考出品します。ISDB-S3信号発生器と組み合わせることで、4K・8K内視鏡手術の映像を病院内へ映像配信するソリューションもご提案します。

    Point

    HDR対応 低遅延/高画質/高圧縮率 1080(1920×1080)4:2:0 8/10bit 2160(3840×2160)4:2:0 10bit

    4K・8K HEVCエンコーダー
  • 放送局向け緊急回線バックアップ装置

    地デジ放送局の中継局間における番組伝送回線を通信事業者のIP伝送でバックアップする装置です。IP送信機とIP受信機で構成されます。1台のIP送信機から複数の中継局にユニキャスト、マルチキャストでも配信が可能です。IP受信機は中継局の放送機に対して、TS、IF、RFの3種類の信号で出力が可能です。

    Point

    多彩なインターフェースにより
    どんなバックアップ構成も可能
    計画的な中継局バックアップ拡張に
    必要なマルチキャスト配信が可能
    変動するIP回線にも考慮した設計

    放送局向け緊急回線バックアップ装置
  1. ▲このページの上部へ
Adobe Reader

※PDFファイルの表示にはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからAdobe ReaderをインストールしてからPDFファイルをダウンロードしてください。