出展・開催予定

2019年6月19日(水)~20日(木)
「ケーブル技術ショー 2019」に出展致しました。

ケーブル技術ショー 2019
展示会概要
会期:
2019年6月19日(水)9:30~18:00
2019年6月20日(木)9:30~17:00
会場:
東京国際フォーラム ホールE
入場料:
無料(登録制)
公式サイト:
https://www.catv-f.com/
主催:
(一社)日本CATV技術協会/(一社)日本ケーブルテレビ連盟/(一社)衛星放送協会
ブースマップ

ケーブル技術ショー 2019

セミナー

4K +Up ソリューション~4K+高機能+冗長性~
テーマ:
高機能で冗長性を備えた4K+Upソリューションをご紹介します。高度BS対応ヘッドエンド装置MGSRシリーズ、3.2GHz対応光伝送装置、光アンプ、ONUなどの最新ラインナップによるシステムソリューション。さらに、ヘッドエンドから伝送路までのトータル監視を実現する監視ソリューション、そしてお客様の設備装置の保守プランもご紹介します。
なお、今年はできるだけ多くのお客様にご参加いただけるように、二日間とも同じテーマで開催いたします。皆様のご来場をお待ち申し上げております。
日時:
19日(水) 12:30~13:30
20日(木) 15:30~16:30
会場:
セミナー室1
定員:
90名
申込み方法

公式サイトより5月初旬より受付開始予定https://www.catv-f.com
※当社のお取引先様(ケーブルテレビ事業者様)につきましては、若干名の受講枠をご用意しております。
 公式サイトで締切になった場合でも、当社の担当営業までご連絡ください。

主な展示製品

  • 4K自主放送システム

    ~コミチャンの4K化を実現~

    4K自主放送(コミチャン)システムをご紹介します。4Kライブ映像、4Kコンテンツを効率的に既存システムに追加することが可能です。

    4K自主放送システム
  • 高度BS再放送システム

    ~受信点を無瞬断で切替、冗長も実現~

    当社のシステムはRF入力冗長機能、さらにRF+TLV/IPの入力冗長にも対応しています。また1ユニットが1放送局のサービスに対応したシンプルなユニット構成です。

    高度BS再放送システム
  • 監視システム

    ~4Kヘッドエンドの出力信号からFTTHシステムまで監視~

    ヘッドエンドの最終出力を客観的に判断、RF状態だけでなく復調TSの状態、映像、音声も監視します。動画視聴機能付きタイプでは離れた場所の動画視聴が可能です。

    監視システム
  • RFアナライザー

    ~新4K8K衛星放送から国内すべての信号を測定可能~

    新4K8K衛星放送はじめ国内の放送信号のレベルだけでなくBER/MER測定が可能なので、信号を劣化させているポイントの特定を容易にできます。

    RFアナライザー
  • 3.2GHz対応機器

    ~次世代FTTHネットワークを実現~

    3224MHz外部変調型光送信器はMOTSD(3U)に実装するスロットタイプと1Uタイプの2種類があります。スロットタイプは冗長アンプ、光送信器も実装が可能です。

    3.2GHz対応機器
  • 光ファイバー増幅器

    ~4Uサイズに最大144光出力ポート実装~

    MOAPNシリーズは18スロットで最大144の光出力ポートを実装し、MOSFシリーズは9スロットで最大72の光出力ポートに対応しています。豊富なラインナップを取り揃えており、事業者様のシステムに応じたご提案が可能です。

    光ファイバー増幅器
  • V-ONU

    新4K8K衛星放送に対応したワイドレンジ受光V-ONUです。2681MHz対応モデル、3224MHz対応モデルをラインナップしており、当社従来製品に比べて約20%の小型化を実現しています。

    V-ONU
  • GE-PON

    3224MHz V-ONUは従来のV-ONUと同じ筐体で製品化された高度BSデジタルおよび広帯域CSに対応する製品です。2681MHz V-ONUは筐体を縦型にして従来製品よりも小型化を実現、CATV、BS-IF、CS-IFに対応します。

    GE-PON
展示会に関するお問い合わせ
  1. ▲このページの上部へ
Adobe Reader

※PDFファイルの表示にはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからAdobe ReaderをインストールしてからPDFファイルをダウンロードしてください。