出展・開催予定

2018年7月19日(木)~20日(金)
「ケーブル技術ショー 2018」に出展致しました。

ケーブル技術ショー 2018
展示会概要
会期:
2018年7月19日(木)9:30~18:00
2018年7月20日(金)9:30~17:00
会場:
東京国際フォーラム
入場料:
無料(登録制)
公式サイト:
https://www.catv-f.com/
主催:
(一社)日本CATV技術協会/(一社)日本ケーブルテレビ連盟/(一社)衛星放送協会
ブースマップ

ケーブル技術ショー 2018

セミナー

新4K8K 衛星放送対応ヘッドエンド 最新ソリューション
テーマ:
新4K8K衛星放送に対応する次世代型デジタルヘッドエンド「MGSRシリーズ」、監視装置、RFアナライザー等についてご紹介いたします。
日時:
2018年7月19日(木)11:00~12:00
会場:
東京国際フォーラム セミナー室2
定員:
90名
次世代ブロードバンドシステム ~最新FTTHソリューション~
テーマ:
3.2GHzに対応するFTTHシステムを構築するためのFTTH関連機器(光送信器、マルチポート型光ファイバー増幅器、新型V-ONU)などについてご紹介いたします。
日時:
2018年7月20日(金)9:30~10:30
会場:
東京国際フォーラム セミナー室2
定員:
90名
申込み方法

公式サイトより6月中旬より受け付け開始予定 https://www.catv-f.com
※先着順となっておりますので、定員に達し次第受付終了となります。

主な展示製品

次世代デジタルヘッドエンド

  • 高度BS再放送システム

    2018年12月開始予定の新4K8K衛星放送(高度BSデジタル放送)をケーブルテレビにて再放送するシステムです。新型デジタルヘッドエンド「MGSRシリーズ」を使った運用システムをご紹介します。また高度BS対BER/MERモニターユニット、左旋対応SPも展示します。

    高度BS再放送システム
  • 高度ケーブル自主放送システム

    日本ケーブルラボで定める高度ケーブル自主放送運用仕様(JLabs SPEC-035)に対応するシステムです。プラットフォーム事業者よりIPで配信されるACASスクランブルされた映像・音声を受信し多重、QAM変調することが可能です。

    高度ケーブル自主放送システム
  • 高度BS対応 監視システム

    高度BS再放送システムの監視にも対応した新型CATV監視装置をご紹介します。当社製ヘッドエンドシステムと連携、FTTH監視システムなど様々な監視ソリューションもご紹介します。

    高度BS対応 監視システム

次世代デジタルブロードバンドシステム

  • 3.2GHz対応機器

    3.2GHz対応機器をご紹介します。
    MOTSDシリーズと、1Uタイプにおいて新たに開発した3.2GHz外部変調型光送信器もご紹介します。

    3.2GHz対応機器
  • マルチポート型光ファイバー増幅器

    EIA 4Uサイズに最大144光出力ポートを実装したMOAPNシリーズをはじめ、新たにMPOコネクターも実装可能にした3UタイプMOSFシリーズもご紹介します。

    マルチポート型光ファイバー増幅器
  • V-ONU

    3.2GHz対応V-ONUをはじめ、新型の2.6GHz対応V-ONUもご紹介します

    V-ONU

GE-PON

  • マルチスロットOLT装置/FTTH中継装置

    最大1,536ユーザーまでサービス可能なGE-PON OLT装置及びONU、FTTHエリア延伸を低コストで実現するFTTH中継装置をご紹介します。

    マルチスロットOLT装置/FTTH中継装置

RFアナライザー

  • RFアナライザー

    新4K8K衛星放送を始め地デジ、BS、CSなど国内全ての放送信号の測定を可能にするRFアナライザーです。現行のBS・CS放送に比べ難しくなる新4K8K衛星放送設備工事を強力にサポートします。

    RFアナライザー
展示会に関するお問い合わせ
  1. ▲このページの上部へ
Adobe Reader

※PDFファイルの表示にはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからAdobe ReaderをインストールしてからPDFファイルをダウンロードしてください。